大学生3.0!仮想通貨が教えてくれた人生における3つのヒントとは?

3 Crypto Hints

SHARE

大学生3.0!仮想通貨が教えてくれた人生における3つのヒントとは?

どうも、電子マネーで完結する国に住みたいナガシマ(@jinnagashima)です。

今回はナガシマが仮想通貨を通して得た教訓を3つほど紹介します。

結論からして、1度3万円くらい仮想通貨にぶっこんでみることをオススメします。

理由としては仮に数万円なら全額無くなったとしてもそれ以上の価値を享受できるからです。

仮想通貨に触れると嫌でもお金と時間がまとわりついてきます。

しかしその圧力を上手に利用すれば、人生の質を格段に向上をさせることが可能です。

新しいモノを試した人間が勝つ時代

winner

ビットコインと言えばもう知らない人はいないかと思います。

仮想通貨という名前だけでも十分怪しいですが、お金が絡んでくるとさらに信用しづらいでしょう。

でも本当に怪しいのは仮想通貨でもビットコインでもありません。

その実体について知ろうとせずに敬遠してしまう自分自身なのです。

仮想通貨から学べる知識一覧

  • お金の仕組みを学ぶ貨幣論
  • 仮想通貨を発行する企業の組織論
  • 仮想通貨を運営する企業の経営論
  • 劇的な社会現象を紐解く社会理論
  • お金と時間に重きを置く人生論

このように様々な学問に波及しますが、特に最後の人生論が持つ価値は計り知れません。

一度身銭を切って仮想通貨を学ぶと世の中のお金の流れが手に取るようにわかります。

そしてある1つの結論に導かれます。

必要なお金なんてさっさと稼いで死ぬほど感動する体験をしまくろう

ただの紙切れ数百枚を車と交換すればどこへでも行ける力が手に入る。

ただの紙切れ数千枚で家を買えば家族とのかけがえない時間が手に入る。

大切なのはお金の向こう側ですが、お金がなければそれは手に入りません。

特に若いうちに自分の1時間を1000円で売ってしまうのは非常に勿体無いと言えるでしょう。

大学生3.0へアップデート

トライ&エラーで経験値を高める

Try & Error

若い時に失敗しておくと大人になって成功しやすくなるのは当然です。

これは単純に重ねてきた失敗の数だけ目の前の選択肢を削ることができるからです。

例としてHONDAの創業者である本田宗一郎さんは、失敗するであろう選択肢を99%以上淘汰したことでわずか1%の成功にたどり着きました。

私のやった仕事で本当に成功したのは、全体のわずか1%にすぎない。99%は失敗の連続であった。

– 本田宗一郎 –

そもそも成功は一握りでなかったら希少価値は低くなります。

つまり誰でも得られる成功などはないのです。

そして実際はトライ=エラーの方程式になります。

失敗するために挑戦するくらいのスタンスでいいんです。

知らないものはすぐググって昨日やらなかったことを今日やりましょう。

学生だからこそお金はバンバン使おう

money

好きな服を買いまくって飲み会にも行きまくれという意味ではありません。

親が自分の子供を塾に行かせるのはなぜでしょう。

高い学費を払ってでも大学に通わせたいのはなぜだと思いますか?

両親にとってそれが正しいお金と時間の使い道だからです。

息子や娘に一丁前に稼いでもらいたいからです。

お金の使い道としては、買うか迷った本は買い、海外行きたかったらすぐに行くといった類の投資材料がベストでしょう。

未来への投資は今しかできません。

MEMO

富裕層62人の総資産と世界の36億人が持つ資産の合計は同じです。しかし、富裕層1人と貧困層1人が持つ1日はどちらも24時間です。たかがお金と時間の使い道だけでこの差は生まれます。ちなみに日本人で年収1億円以上稼いでいるのは上位2%のみ。

稼ぐためにはラクをする力が必要

easy

ラクをするって少しサボってるイメージがありませんか?

その通りです、無駄ことは自動化して自分のやりたいことをやるんです。

そして消費するはずだった時間を新しい事業の展開に投資します。

上手にラクして浮いた時間でもっと価値あることをする。

つまり「ラクをする」ということは時間を生みだす大切な作業なのです。

お金をかけずに時間を増やす方法

explore

時間を増やすということは簡単に言えば時間節約術のことです。

ここでは実生活で役立つような効果的な時短術を紹介します。

横の数字は1日当たりに節約できる時間です。

手軽にできる時間節約術

  • 就寝前・授業中・会話中はスマホをいじらない 60分
  • To do リストを毎日作る 10分
  • 毎日の服装を統一する 5分
  • コンビニで買うものは決めておく 3分
  • 決済は電子マネーかクレジット 1分
  • ポイントカードを貰わない 1分

他にもPCのショートカットキーを覚えるなどがありますがこれらの項目は誰でも簡単に実践できる時短術です。

80分×7日=560分、560分×30日で1ヶ月あたり合計16800分もの節約になります。

時間にして280時間、合計12日間分も他のことに投資できるのです。

中でもスマホを手放すのは最大の時間創出方法です。

そして毎日のTo Do リストを作ることで行動意識が向上し、目標達成に近くスピードを早めることができます。

これにはEvernoteというタスク管理アプリがオススメなのでぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

Evernoteを使ってみる

アナログとデジタルを両立できる人は強い

analog

例えば、直接会って話した方が早いことと文字入力の方がベターなことがあります。

日時や場所、仕事内容などはささっと短文で送るのが効率的です。

それ以外の長文ははっきり言ってSNSには必要ありません。

そんなに説明が必要な内容ならば電話か対面で話すのが無難でしょう。

大事なコミュニケーションにデジタルな要素は不要です。

お互いに目を合わせて身振り手振りを使い、言葉以上の感情を伝えるのが会話です。

会って話すのですから、会わないで話すのは会話ではないはずなのです。

ミニマリストが魅力的な理由とは?

Minimalist

ミニマリストとは、質を限界まで絞り込むスタイルで生きる人を指します。

例えば、イヤな仕事を辞めて好きなことだけして生きていくのは海外では典型的なミニマリズムです。

シュプリームのTシャツも、ロレックスの時計も、アルマーニのパンツも、フェイスブックの数千人の友達も、インスタグラムの数万人のフォロワーも、自分が何者なのかは教えてくれません。

毎日の服装を統一するだけでも膨大な時間を取り戻せます。

毎朝着る服を選ぶ必要もなく、毎月新しい服を買いに行く必要もありません。

モノや情報で溢れる社会においてお金と時間の質を凝縮する力がミニマリズムなのです。

学習意欲がUPする3つの軸とは?

人に聞くなググれ

explore

最近の若者は何でもかんでも人に聞きたがるというのは間違っていないでしょう。

これだけ情報過多の時代に生きているのですからプロを師と仰ぐのは良い判断です。

しかし教えを乞う際は必ず自分の意見を添えてから質問する癖を付けましょう。

「自分はこう考えるのですが実際はどうなのでしょうか?」といった具合にです。

これにより一方的な会話だったはずの状態から議論が生まれます。

その方が両者にとって有益なのです。

自分で分析できることは事前に済ませておきましょう。

自分のスペックが足りないゆえにすぐに質問をして相手の時間を奪うのはナンセンスと言えます。

考えを巡らせる時間は貴重です。

人に聞く前にまずはググりましょう。

仮想通貨を試して学んだ3つのヒント

3 Crypto Hints

仮想通貨に学ぶ3つのヒント
  1. 新しいモノを試した人間が勝つ時代
  2. 稼ぐためにはラクをする力が必要
  3. アナログとデジタルが両立できる人は強い

気になる新商品や画期的なサービスが目に留まったら迷わず試してみましょう。

次に物事の適材適所を見極めて無駄タスクは自動化しましょう。

そして余計なモノは持たずアナログの良さを味わえる感覚を身につけましょう。